「辞典」の重さ

繰り返しになるが、辞書というのは「重たいもの」・・と観念しながらこの頃一ページづつ読んでいる。                                    この歳になって老眼用に虫眼鏡携え辞書を読むというのはなかなか苦労である。特に「漢字辞典」ともなるとかなり重たく、さすがにこれは寝転がって読むものではないと痛感している。                 これに耐えながらも読んでいくとなかなか薄っぺらなページの癖に全く先に進まない。なぜかというとひとつの文字に[注]等、様々に観なければならない事が多い。これを飛ばすと全く読んだ気がしないので、これも我慢して読む。それでもあまりに進まないときは「この辞書は何ページあるんだ?」などと一人ごちて、ページをパラパラめくってみたりする。「~ん、約1600頁ほど・・・・とすると1600頁割る365日では・・・・」等と思い描き、気を取り戻して読むのだが、ある時はたと気が付いく。「問題はページ数ではない」と・・・                          「一ページに含まれるその知識と歴史は並大抵のものではない」と気づくのであります。

その例を先の「歰」に続いてもう一つ。

・・・・・・・で、実は、この始めのページの一番最初の文字の「一」で躓いていたのである。そもそも、「一」という字が何で「イチ」と発音するのか?又、別に「ヒトツ」とも発音するのか?ここから疑問が湧いてしまったから大変である。そしてそれを追うように「壱」とも書く。元の字体はパソコンで不通に変換可能な「壹」ではなく、「壺」という字だという事にたどり着くのである。   ここに至って「壱」というアンシンメトリーな文字が「壺」というシンメトリーな文字が元だと知ればこれは唯事ではない!!とやはり思いを深くし、感心し!「ここには人間の歴史がある!」ともう一度感心し、心を入れ替えて、「この辞書の使い方」から読んでいる。という理由である。

 

 

「歰」という文字

 

最近、なぜか思い出したように「辞書」を手にとることがある。パソコンをわざわざ開いて「検索」するのと、どちらが面倒か?は判らないが、「辞書」は重く「活字」も小さいため、老眼鏡に虫眼鏡をもって見なければならず、不便ではある。

それでも、その重さに匹敵する人間が紡いできた歴史を感じる事が出来るのは「辞書」ならではないか、と思っている。               辞書の初めから大まかに読み進んで、「一」から見ていく。「一」に纏わる「孟子」などの言葉を引用されているものまで見ていくと、とてもではないが全く先に進まない。未だ二日もかかって一ページを読んだだけである。しかも、こんな脚注「463頁」まであれば尚更である。そしてその「463頁」で見つけたのがこの「歰」という文字だった。           はじめて目にする文字は「じゅう」あるいは「しゅう」などと読むらしい事そして、この文字の成り立ちが「止」という文字が上下左右逆さで書かれていて、「進もうにも進まれない様子」を意味するとある。       逆さ文字どころではない、文字そのものが「逆さ」を利用して作られていたのである。「左右逆さ文字で在り、上下逆さま」なのである。                                    たった一ページ目の「463頁」というだけの指示でここまで来てしまう事に畏れさえ感じた。以前「舟を編む」という映画を観て、本(三浦しもん著)を読み、感動した事を思い出した。                                「辞書」を手に取ってこの感動を事実として味わっている気がした。   ここに詰まった日地の歴史と人の思いはとても残り少ない私の一生では受け止めることなど不可能である。と思うと同時に、だからこそ、ひとつひとつこれを編み、紡いだ人たちの思いを大切に観ていこうと思ったのである。そして、これからどんな文字に出会うか!興味深々でもある。

「 言葉 」 と 「 文字 」

「言葉」と「文字」はどちらが先に生まれたか?                       わしは「同時」であろうと思っています。 但し、勿論文字とは云え今で云う所の「記号」であったり「絵」の類です。また、言葉は危険を伝え合ったりする「吠える」ことや、単に「唸ったり」して好き嫌いを表現する程度のものだったと考えられます。       これらの「描く」が「書く」に又、単なる「声」が「言葉」にという行為がどのように変化し進化したのか? 人類が文化と言うものを作ってきた原点がここにあるという事だけは解ります。

「ラスコー」

2017.7.23

ひろ

たとえば、地球の裏側って・・・・・

 

たとえば地球の裏側 ・・・・とか言いますが ・・・・・

元を正すと球体である「地球」に裏側なんてある訳がないのです。こんな突込みが通用するかどうか解かりませんが ・・・・地球が回っている事と「時間が在る」というのは違うのではないか、という事も有りうる気がします。                      地球が一回転して「陽が昇り、日が落ちる」という体感が「時間」というものを「在り」とした気がしてなりません。確かに元に戻らない過去というものはありますが、それでは同じ軌道をぐるぐる回っている地球との関連性はどうなるのか?

たとえば今!朝を迎えた時間とその裏側の夜を迎えた時刻同じ「時」ではないのでしょうか?                                             朝の方が夜より先だという(その又逆さも)根拠がない限り、即ち順番が無い限り、これは同じ時刻なのではないか!という事なのです。                    私には難しすぎる命題なのですが、(多分「相対性理論」を持ち出すことになりそうなことなので)。                                                 地球を飛び出して行く飛行体の「時間」「時刻」を考えることに、そこから先は「むかし話の世界 浦島太郎の世界」へ繋がってゆく事になって又、ひとめぐりということになりそうです。                                              みなさんはどう思われますか?

2017.7.23

ひろ

 

「逆さ」の世界  ・  歴史

「諸説あり!」というテレビ番組を観ていた。今回は「邪馬台国は何処にあったか?」という「諸説あり」だった。この命題は江戸時代からあったもので今も謎のままである。私が好きな教科も歴史、それも日本史(世界史は扱う範囲が広すぎて頭がこんがらがった)。という事で、これはかなり難しいらしいという事は知っていた。          それをさらに裏付けるような話である。しかも現在では日本国中から名乗りを上げているというのだからややこしい。                                 これに輪をかけて難しくしているのが「遺跡の発掘」である。そこを開発される事にならない限りされないという事なので、新たな証拠が出てくるまでには相当時間が掛かることになる。   そもそもこの邪馬台国も中国の書物三国志の中の魏志倭人伝に出てくるだけのものであって日本にそのような書物も記されたものも残っていないのだから「何処にあったか?」の問題以前ということだってあり得る。魏志倭人伝がそもそも「晋」王朝が自分たちに都合の良い様に書いたものと考えて間違いないので、よそのちっぽけな(邪馬台国の邪も卑弥呼の卑もそれをあらわしている)多分そう思っていた)国のことを詳しく調べて書き綴ることなど有りえない!のであるから書かれている記述が「確かなもの」であるとは言い難い。      前置きが長くなった。私が今日言いたいのは「歴史とは勝者」に都合よく書かれた記録であり、おおよそ「正史」等とつくものはその時権力を握っていたものが作った歴史なのであるという事。「敗者が残す歴史」などはある訳もなく。あるとすれば勝者が打ち滅ぼしたものの祟りを恐れ、建てた「墓」か「墓標」か「寺」か「神社」だけなのである。                  であるから、「逆さから観た歴史」はいつも大きな声を挙げて訴えられるものであり。いつの時もその時の権力にとって都合のいいものではないのである。今ある寄って立つ権力を正当化するために、残されてきたものの「歴史」だからである。          「逆さ」の歴史は、故に作れないのである

「逆さ」の世界  ・  自分

改めて見ると「自分」という文字は不思議な文字です。「自分」とは「私」のことで即ち「自分」です。これに対しての文字は「相手」「他人」。                    「自己」に対しては「他己」とか「他者」といういい方はしますがやはり、自分といういい方は特別なものの様です。                                           人は「自分」と「他人」「他者」を区別することに慣れています。というより、「違うもの」として認識しようとしてきたようです。ところがこの「自分」という意識は「他者」がいないと成り立たない認識です。即ち「自分」一人では「自分」という言葉の意味が成立しない程私達は「他人」が必要です。「逆さ文字の世界」ではよく「鏡」という言葉を使いますがまさに[他者」「他人」をあらわすとき「自分を映す鏡」という言い方をするほど私達は「自分」を観るとはそういう事を言うと昔から戒めの言葉として使われてきました。                                             「自分」を考えるとは「他者」を考える、即ち立場を逆さにして考えるという事なのです。                                                   そして、自分にないものは認識できない事をしっかりと覚えておく必要があります。 即ち「他人」にある欠点を見つける事が出来るという事は「自分」の中にもその欠点がある。という事なのです。                                       私が左手を使う訓練をし始めた途端ですが、街の中で、レストランfで、「あ!この人左利きだ!」と判るようになったのと同じ理屈であろうと思います。

 

 

 

 

「逆さ」の世界   ・    難病

 

まずはこちらをご覧ください ・・・・・・・ 難病 ・・・・・・・

一体難病とは何だと思われますか?よくよく考えてみるとこういう結論になりました。    →現在の医学では適切に治癒させる治療の方法が見つからない病気。        ということです。                                           ですからその昔、治せなかった病は全てその時代の難病!ということになる訳です。即ち、逆に言えば治せるようになった病は難病ではなくなるということです。そしてもう一つ大切な事は「難病」であるという認定がされていない病が存在し又、「病気」と診断されていない病があるという事実です。                           現在306余りのものが難病の指定を受けていますが、それは国が難病と指定することで治療に補助がされる事を意味します。ですから「なんの病気か判らない?」というだけでは難病にならないのです。これは大きな矛盾です。はじめにお話ししたようにその病気が何の病か判らなかった時代にそれは即ちその時代の難病!な筈ですが・・。難病という指定を受けられない為に、みんなに知られてない病がある事を私たちは知っておく必要があります。

 

 

「逆さ」の世界  ・   地球

例えば「地球」を描くときあるいは形を作る時、そこに大陸と海とを描き込むと皆さんはどのように描きますか?  地球儀を観て下さい!ほとんどすべての地球儀はこのようになっています。                                                                                                                                     地球儀                                                   上が北!で下が南!というのは人間が決めた事で、しかも北とか南とかもそうでしょう。 北極・南極と言う場合の「極」というのは+・-を意味しているとは認識してはいます。が、あの「フレミング法則」と呼ばれる電流の流れの定義も「右から左、とか左から右」とは定義されてはいません。  すなはち、上下も右左は見方が変わると「逆さ」になります。簡単な事ですが「自分から見ているのか?相手から見ているのか?」で変わってしまう世界それが「逆さ」と言う世界なのだと思います。                                                                                      ですから、私達がいつも考えているべき事は正面とはいつも自分から見ているという事。そして正しいも自分から見ているという認識だろうと思います。

地球

因みに、こんな事まで ・・・・・・・                 地球の形

最近の話 ・・・・ たこ焼き屋さん

 

 「地域猫」で知り合った たこ焼き屋さん

「右手が不自由なので作るのに少々お待ちください!」のポップがaあります。

私の注文で作ってもらった時、初めて作業の仕方を見ました。

そこでついつい ・・・・・・

「右手を補助するために左手を支えているなら左手だけの練習をしてみては?」

「やってみたんだけど・・・」

「少しづつでいいんで、そこ!クリアー出来ますよ。諦めないで!」

「うん!やってみるわ!」 の返事!

嬉しかったです。 きっとその気さえあれば大丈夫!!です。

たこ焼きを左手でひっくり返している様子を見られるのはそんな

未来ではないと思いました。

 

バッハ:蟹のカノン

 

 このバッハの「音楽の捧げもの」の中の「蟹のカノン」も、

モーツアルトが作ったとされていたこの曲  「回文的逆行可能なカノン」もモーツアルトの回文的逆行可能なカノ

発想はとても左右学的です。但し演奏するための楽譜として面白さを狙ったのかどうか?です。

即ち、「音」あるいは「音楽」がどのような方法であっても奏でられた瞬間からそれらは楽譜の様な「左から右に移動するようには聞こえない」という事を意識していたかどうか?

「音」は空気を振動させて私たちの耳に達しますが、この時「音」はその音源から円ではなく球状、即ち四方に振動を起こす事。これを知っていてこの楽譜による演奏を思い至ったのか?

が私にとって一番知りたい事です。